TIME OFFICE Tokyo International Music & Event

ARTISTS

アーティストプロフィール

  • イギリスの旗
  • サイモン・コスグローブ
  • イギリス

ピアニスト、サックス奏者、尺八奏者

1982年イギリス生まれ。17歳の時BBCの音楽コンクールで受賞。
2000年ケンブリッジ大学に入学し、音楽を専攻し首席で卒業。
大和日英基金の奨学金で2003年に来日し邦楽を勉強。2004年より日本でプロジャズミュージシャンとして活動。
東京でDuke Ellington OrchestraやMartha ReevesやDuran Duranと演奏。
2004年に釣りバカ日誌16のミュージシャン役として出演。
2008年より吉乃川のCMに出演。2010年1月にリーダーとして初レコーディングデビュー。
2012年インドのJus' Jazzフェスティバルで出演。
現在Simon Cosgrove QuintetやStandard Reform Projectのリーダーとして全国で活動。

Simon Cosgrove is one of the most exciting musicians on the Tokyo jazzscape.
He started his musical studies in the UK at an early age and won the Walter Todds Bursary at 17 for his performance in the BBC Young Musician of the Year competition final, as well as full television, radio and newspaper coverage.
After graduating as a prizewinner from Cambridge University with a string of national awards and international concerts, Simon came to Tokyo in 2003 as a recipient of the prestigious Daiwa Scholarship.
Simon soon made an impact on the jazz scene, forming his own quintet and releasing his debut album "Treading Water" in 2009.
In addition to his busy schedule as aleader, sideman and educator in and around Tokyo, Simon has also played with such intentionally renowned artists as the Duke Ellington Orchestra, Martha Reeves and Duran Duran.
He performed at the Jus'Jazz Festival in India in 2012 with the Diane Witherspoon Quintet.

Simon 1 Simon 3
ホーム |  映像 |  アーティスト紹介 |  サウンドソース |  CD メーキング |  サイトマップ | 
パトリック・ヌジェ |   スタジオ | メディア |  ヒストリー |   会社概要 |  問い合わせ
Copyright(c)2009 Tokyo International Music & Events
TIME OFFICE