TIME OFFICE Tokyo International Music & Event

ARTISTS

アーティストプロフィール

  • アメリカの旗
  • フィリップ・エマール
  • フランス

クラウン・ストーリーテーラー

1968年7月1日、フランス生まれ。
7歳の時に生まれて初めての映画「不思議の国のアリス」を観る。12歳まで毎週ダンススクールに通い、高校を卒業する頃にはラテンダンスを専門にした。
彼の先生の一人はパリの「Ecole Jacques Lecoq」に行くように勧めた。1990年にシルク・ドゥ・ソレイユを観に行き、運命が決定的になった。観客の中にいた彼のひざにクラウンがおどけて座ったときに彼の顔にあたったスポ ットライトは運命の光のようだった。彼の礎となっているパフォーマンスをご紹介します。

1986: Conservatoire de Theatre Montpellier (South France)1987-1988: Theatre Populaire des Cevennes (South France)1988-1990 Ecole Jacque Lecoq - Paris
1990: "Hola He Sganarelle"
1990-2001Doriane, Moretus (Theatre Dance)
1991: Collaborations
1991: La vie est un Songe (Life is a dream)
1995: Toubib or Not (To doctor or Not)
2000 : Les Precieuses Ridicules
2000 : Le Boxing Express
2001-2008 : Cirque du Soleil, DRALION シルク・ドゥ・ソレイユ「ドラリオン」でクラウンをアメリカ、メキシコ、カナダ、ヨーロッパ、そして日本で演じる。
2009: Compagnie Oposito,2009: Camera Cafe,2009: Les Alama's Givres,2009-2010: Cirque du Soleil, Dralion,シルク・ドゥ・ソレイユ「ドラリオン」でクラウンをニュージランド、メキシコで演じる。
2010-2011: Cirque du Soleil, ZEDシルク・ドゥ・ソレイユ「ZED」でクラウンを演じる。

フィリップは時折パリに戻り、ニューヨークのビッグアップルサーカスの一部であるキャロラインシモンズの作ったクラウンケアユニットの活動で、パリやその周辺で病院で病気と闘っている子どもへの慰問を行っている。 カナダに本部を置く世界的に有名なサーカス団シルクドソレイユサーカスの日本唯一の常設公演が、昨年末で惜しまれつつも終演となりました。海外からの出演者の方の多くはラスベガスをはじめ別のショーへ転籍されました が、一方で、日本に残る事を選択したアーティストがいました。クラウン(道化師)役のフィリップ氏はこの日本という土地で、自分の新たにショーを作りたいと考えました。

philippe_a 1 philippe_a 2 philippe_a 3
ホーム |  映像 |  アーティスト紹介 |  サウンドソース |  CD メーキング |  サイトマップ | 
パトリック・ヌジェ |   スタジオ | メディア |  ヒストリー |   会社概要 |  問い合わせ
Copyright(c)2009 Tokyo International Music & Events
TIME OFFICE