TIME OFFICE Tokyo International Music & Event

ARTISTS

アーティストプロフィール

  • イギリスの旗
  • ポール・ドワイアー
  • イギリス

コントラバス

Paul Dwyer ポール・ドワイヤー コントラバス

1977年にイギリス、サマーセット州の音楽一家に生まれる。7歳よりピアノを始め、後にホルン、トランペットを学ぶ。17歳の時にコントラバスに出会い、カレッジのビッグ・バンドで演奏を始め、ブリストルで行われていたジャズ・ワークショップに通う。
18歳でロンドンのウエストミンスター大学の商業音楽科に進学し、ベーシストとしてのキャリアを歩み始める。
卒業後もロンドンに留まり、計7年間、モーリー・カレッジのジャム・セッションのハウスバンド、サウス・ロンドン・ジャズ・オーケストラのメンバーとしてなど、さまざまなジャズやブラジル音楽のバンドで演奏。
ブラジルと日本を旅し、ブラジルの民俗音楽、三味線・三線音楽を独学で学ぶ。

2002年より日本に滞在、長唄三味線を岡安祐璃氏に二年間師事。
ベース奏法を、ジョン・エドワーズ、バスター・ウィリアムス、ベン・ウルフ、アンディ・ゴンザレスに師事。
長谷川朗カルテットのメンバーとして海野俊輔、片倉真由子と供に全国ツアーを行った。原朋直カルテットにも参加し、テレビ番組『題名の無い音楽会』に出演した。
シーラ・ジョーダン、ドン・フリードマン、トミー・キャンベル、ジェニファー・サノン、ジョージ・コリガン、ジーン・ジャクソンとも共演。スコッティ・ライトやダイアン・ウィザースプーン来日時にはサポートを務めている。

現在、自身のカルテットやマイク・ザチェルナック、海野俊輔、植松孝夫のメンバーとして、東京を拠点に演奏活動を行っている。

Paul 1
ホーム |  映像 |  アーティスト紹介 |  サウンドソース |  CD メーキング |  サイトマップ | 
パトリック・ヌジェ |   スタジオ | メディア |  ヒストリー |   会社概要 |  問い合わせ
Copyright(c)2009 Tokyo International Music & Events
TIME OFFICE