TIME OFFICE Tokyo International Music & Event

ARTISTS

アーティストプロフィール

  • 日本の旗
  • 寺地美穂
  • 日本

サックス奏者

1984年9月1日生れ 札幌出身、東京在住。

6歳からクラシックピアノを始める。高校入学と同時にブラスバンド部でアルトサックスを始める。

2004年〜 音楽療法を学びにニューヨーク州立大学へ留学。在学中、ジャズに影響を受け、大学近くのバーやレストランで演奏活動を開始。
専攻を音楽療法からジャズ学科に変更し、本格的にジャズを学び始める。

一時帰国中、北海道放送HBC-TV「トレジャーボックス」のオープニング&エンディングテーマを演奏。
(2006年10月〜2007年1月放送)

New York市近郊のライブハウスやバー、レストラン、マンハッタンの地下鉄で演奏活動を繰り広げ武者修行し、2007年に帰国。
その後、東京と札幌を往復しながら自己グループでのライブ活動を開始。

地元札幌でも定期的にライブを行い、2008年、2009年、全員北海道出身の20代メンバーで結成したJazz Rock ユニット『Cross Groove Premium』で、国内最大級ジャズフェスSapporo City Jazzコンテストのファイナリストに2度選出される。
同ユニットで津軽三味線奏者の吉田健一(吉田兄弟)や白田路明と共演。

また札幌で実力派のジャズピアニスト斉藤桃子とのDuoで北海道文化財団法人主催のコンサートツアーを行い(千歳市民文化センター、音更町文化センター大ホール、幌延町公民館、浜頓別町多目的アリーナなど)、以後「fairytale」とユニット名を定めて札幌のライブハウス「くう」を拠点に置き、石蔵やカフェを巡る企画ライブなどを定期的に開催する。

2010年〜東京大久保の老舗管楽器専門店「石森管楽器」にてサックス講師を勤め、ギタリスト皆川太一とのワンマンライブ『Urban Groove Session』を三軒茶屋Grapefruit Moonにてシーズン毎に開催する。

歌心溢れるサックスとボーカルで聴衆を魅了し、ポップでファンキーなオリジナル曲は好評を集め、JAZZ LIFE誌にて、"2010年を賑わせたアルトサックス奏者"として注目を浴びた。

2011年、舞台「オーデュボンの祈り」(原作:伊坂幸太郎 演出:ラサール石井)にて女優デビューし、劇中のラストシーンで寺地美穂のオリジナル楽曲『After the Rain』を生演奏した。堂々とした演技は『初舞台とは思えない』と共演する役者達からも好評を得た。

2011年、原宿ラドンナにて自己プロデュースライブを2度開催し、Ustream配信した映像は再生回数がすぐに計2000回を超え話題になる。

2011年12月伝統ある「第31回浅草ジャズコンテスト」に特別審査員として参加&ゲスト演奏を果たし、同月のモーションブルー横浜での自己グループのライブも大盛況に終わる。

2012年、サックス専門誌『THE SAX vol.51』の特集【女子JAZZサックス百花繚乱】に紹介された。

同年9月に自身初のバースデイライブを目黒の老舗ライブハウスBlues Alley Japanにて開催し大盛況に終わる。(メンバー:寺地美穂(A,Sax) 松本圭司(Pf) コモブチ・キイチロウ(Bass) 田中栄二(Drums) 皆川太一(Guitar))

また、Park Hyatt Tokyo 52F New York BarにてKenny G(s.sax) , Philip Woo(pf) との共演も果たす。

現在、自己グループでのライブのほか、セッションやレコーディング、J-pop、ロック、ソウル、ジャズシンガーのサポートやライブゲスト出演、などジャンルを超えた様々な活動を展開している。

寺地美穂 1 寺地美穂 2 寺地美穂 3
ホーム |  映像 |  アーティスト紹介 |  サウンドソース |  CD メーキング |  サイトマップ | 
パトリック・ヌジェ |   スタジオ | メディア |  ヒストリー |   会社概要 |  問い合わせ
Copyright(c)2009 Tokyo International Music & Events
TIME OFFICE