TIME OFFICE Tokyo International Music & Event

ARTISTS

アーティストプロフィール

  • アメリカの旗
  • ジョナサン・カッツ
  • アメリカ

ピアニスト

ニュ−ヨ−ク州ロングアイランド出身。音楽教師である父の手ほどきを受け、6歳でピアノ、9歳でホルンを始める。
イ−ストメドウ・ハイスク−ルのバンドに所属し、フランク・フォスタ−等と共演。
1987年イェ−ル大学コンサ−トバンドの演奏旅行で初来日、日本との交流を深める。
その縁あって1988年9月、上智大学比較文化学部に留学、日本文化を幅広く学ぶ。1989年9月イ−ストマン音楽院に入学、 ビル・ドビンズ(p)に師事するとともに、マックス・ロ−チ、リ−・コニッツ等、数多くの一流ジャズ・ミュ−ジシャンと 共演。
在学中に、ロチェスタ−大学ジャズ・アンサンブルの指揮者、そしてイ−ストマンのジャズ理論クラスの講師を務める。

1991年5月には同大学院修士課程卒業、6月の再来日後はニューヨークと東京を拠点に、多岐にわたる精力的な演奏、 作曲、編曲、そしてバンド・リーダーとしての活動を続けている。

1996年にジョナサン・カッツ・トリオのデビューCD 「HAVEN'T YOU HEARD?- Jazz Interpretations of the Songs of Chage & Aska」がFORから発売される。
1999春に、ニューヨークにて録音された2枚目のCD、「コンティニュアンス」(ピーター・ワシントン(b)、 ヨロン・イスラエル(d)、ジェームス・ウイリアムズ(プロデューサー)、デイヴィッド・ベーカー(録音))を リリースし、内外の注目をあびる。

2000年に、ハンク・ジョーンズに代ってレイ・ブラウン(b)率いるバンド(ケニー・バレル(g)、 ミッキー・ローカー(ds))に参加、ブルーノート東京に初出演し、好評を博す。後、ルー・タバキン、 エディー・ヘンダーソン等、のバンドに参加。

2001年4月に初のライブ・トリオ・レコーディング、「Live in Tokyo 2000」が発売され、同年に東京FM音楽専門衛星 デジタルラジオ放送局、「music bird」の番組「ミュージック・エキスチェンジ」のホストを担当。

2002年から名古屋フィルハーモニー交響楽団のポップスピアニストになり出演し録音に参加する。また、 ワールドミュージックグループCANDELAの 音楽監督/ピアニスト/ホルニストであり、同グループの初CD「MOGAMI」 (2002年)に作編曲を多く提供する他、ジャズ・ホルニストとしても注目を引く。同年12月にCANDELAの尺八奏者ブルース・ ヒューバナーとデュオCD「Bright Ones, Dark Ones」をリリースし、各誌に絶賛される。

海外にも認められ、同デュオが2003年4〜5月に4カ国(スペイン、フランス、ドイツ、イタリア)のヨーロッパ ツアーを行い、CANDELAが世界的音楽フェスティバル「Toronto Downtown Jazz Festival」に呼ばれたのがきっかけで 北米ツアーを2003年6月に行い、トロントの他に、ニューヨークの名ライブハウス「Joe's Pub」などで出演。 翌2004年1月に同グループと名門「Blue Note New York」に出演し、2枚目のCD「Rise Above」を録音しリリース。

ジャズのみでなく、五木ひろしのCDやコンサートにも参加、2004年NHK BS2にて放映の「冬のソナタ・クラシックコンサート」で 東京フィルと共演するなど幅広いジャンルで活動している。

2003年からデーブ・ピエトロ(as)、安ヵ川大樹(b)、江藤良人(d)と日米混成カルッテット「NYTC」を結成、日米両国でツアーと録音を重ねる。

自分の音楽性と作編曲術をさらに磨くことをめざし、2008年に東京のトップミュージシャンからなる19人編成の ビッグ・バンド「TOKYO BIG BAND」を設立。スインギーかつ詩的な響きが感じられ、ときにはユーモア感の出る サウンドでリスナーを魅了している。

現在、TOKYO BIG BAND、CANDELA、NYTC、自己のトリオ、等で中心メンバーを務める一方、数々のセッション等で活躍中。 また積極的に作編曲、指導、ツアー、そしてスタジオ・セッションにも参加している。

「エバンズ譲りのセンシティブなスタイルとスインギーなプレイが実力を裏づける。自作曲の出来と名曲の編曲術も二重丸。」
スイング・ジャーナル(continuanceについて)

「珠を転がすようなカッツの微妙なタッチからトリオがグルーヴしはじめるドキュメントがクリアに再生される。アイディアに溢れたピアノ・プレイ、生き生きした伴奏陣とのコラボレーションはなんといっても素晴らしい。」
ジャズライフ(Live in Tokyo 2000について)

「様式や体裁にこだわりすぎると、どうしてもみえなくなりがちな“ジャズ”の持つ柔軟性をしっかり感じさせてくれるステージだった。」---ジャズライフ(TOKYO BIG BANDについて)

Discography
2009:
Andrea Hopkins & Jonathan Katz, "Happy Talk" (Adesso Music)
2007:
NYTC, "NY, The Night & The Music" (Seven Steps)
2006:
NYTC, "Live In Tokyo" (Roving Spirits)
2004:
CANDELA, "RISE ABOVE" (Zabu Tone Music)
2002:
Bruce Huebner & Jonathan Katz, "Bright Ones, Dark Ones" (Zabu Tone Music)
2002:
CANDELA, "MOGAMI" (Zabu Tone Music)
2001:
Jonathan Katz Trio, "Live in Tokyo 2000" JHK the Way
1999:
Jonathan Katz Trio, "continuance" JHK the Way
1996:
Jonathan Katz Trio, "Haven't You Heard?" FOR
共演アーティスト

故レイ・ブラウン、ルー・タバキン、ケニー・バレル、ボビー・シュー、エリオット・ジグモンド、エディー・ヘンダーソン、 リッチー・コール、故松本英彦、鈴木良雄、大井貴司、中西俊博、MALTA、TOKU、宮本大路、赤木りえ、オーケスタデラルズ、他多数。

ジョナサン・カッツ 1
ホーム |  映像 |  アーティスト紹介 |  サウンドソース |  CD メーキング |  サイトマップ | 
パトリック・ヌジェ |   スタジオ | メディア |  ヒストリー |   会社概要 |  問い合わせ
Copyright(c)2009 Tokyo International Music & Events
TIME OFFICE